あまごの紹介
熊野の山里『赤倉』の紹介
あまごの料理法
童集乃村日記

4月29日(木・祝)山里民泊「あかくら」がオープンとなりました。
三重県知事からの許認可も出て、熊野の山里でのいろんな体験を通じた山里民泊をおこなってまいります。
携帯電話も通じない山奥ですが、熊野の原郷、古くから残る巨岩信仰、フリークライミングなど魅力溢れる童集乃村(赤倉)は、熊野に残された数少ない熊野らしさが残っているところだと思っています。
都市部からとても遠いところですが、風のささやき、川のせせらぎ、鳥の声、虫の声、鹿の声などがひびく静かなところです。
ぜひお越しください。

詳細は、新しいホームページでも紹介して参ります。完成までしばらくお待ちください。
本日おこなったオープニングイベント『爽快チャレンジ!フリークライミング体験 in 巨岩の聖地・赤倉』の様子をお伝えします。

NPO法人熊野ふるさと倶楽部と共催でおこなわれたイベント。集合時間の午前9時頃ににわか雨が降り午後の講演から始めることになりました。

講演前の挨拶をする中平。
今回のイベントには12名の地域内外の方が参加し、地元の人を合わせ約30名が集まりました。

登山家の南 勲さんによる講演会『ヒマラヤ登山とフリークライミング』を聞く参加者。

海外の登山経験が豊富な登山家 南 勲さん

雨のあがった午前10時頃にフリークライミングのできる岩場へ移動してフリークライミング体験がおこなわれました。

南さんの指導のもとフリークライミングの体験をおこなう参加者。始めはなかなか思うように登れません。

インストラクターの方が5名いるので、レベルの違う5カ所でクライミングの体験がおこなわれました。

小学生の参加者も何回か登るうちにとて上手になっていきます。女の子だって、女性の参加者も男性と変わりなく登っていくのを見ると、とても楽しいスポーツとわかります。

手をかける場所、足をかける場所を考えながら、ひたすら身体を上えとあげていきます。
小学3年生の男の子は5回もチャレンジしてフリークライミングの虜になったよう。

女性の参加者も多かったのですが、みなさん目的の場所まで登り切って、とても楽しんでいました。

こんなフリークライミングの体験もできる山里民泊「あかくら」がいよいよオープンしました。
ぜひお越しいただき、熊野に触れてみてください。

「あかくら」の看板が付いた入口。

山里民泊「あかくら」