あまごの紹介
熊野の山里『赤倉』の紹介
あまごの料理法
童集乃村日記

昨年より11月第一日曜日に開催されることになった熊野の山里育生町赤倉にある丹倉(あかぐら)神社で例祭が11月7日(日)午前10時からおこなわれました。
丹倉神社は花の窟神社の次ぐ古い歴史のある神社と言われており、近年では朝日新聞や雑誌「広告」などにも取り上げられています。
熊野の深い山の中にあり、苔むした石積みに囲まれ、鎮座する大岩は、熊野に多く残る巨岩信仰の一つです。

神事の始まりを私が告げ、今年は田岡元市議が祝詞をあげ神事を進行していただきました。(右の写真)
今年は、地域内外から多くの人が訪れてくれました。

熊野鬼城太鼓の大西拓氏による和太鼓の演奏と福女(ふくめ)による里神楽。訪れた人を古き時代の祭りの中へと導いてくれました。
その後、御座が敷かれ宴をおこない、持ち寄った料理を食べながら過ごし、いつものように最後には餅まきがおこなわれ、今年の丹倉神社の祭りは無事終わりました。
来ていただきました皆様方に感謝いたします。